プラズマローゲンのこれまでの研究や効果について調査しました。

BACK TO TOP
TOPへ_sp

スマホ認知症とは?

スマホが広く普及されることで、スマホ依存になっている方が急激に増加しています。それに比例するように、30~50代といった若い世代で物忘れの症状を訴える方が増えているのが現状です。今まで高齢者だけが発症するものとされてきた物忘れや、認知症とスマホの関係性についてまとめています。

若年層に広がる「スマホ認知症」とは

働き盛りの若年層に「スマホ認知症」を訴える方が増加しているとあるテレビ番組で放送されました。脳神経外科医の奥村歩医師によると、「物忘れ外来を訪れる患者の若年化がどんどん進んでいる」とのこと。

今注目を集めているスマホ認知症の原因は情報過多だとされています。脳は「脳に情報を入れる」「入れた情報について考える」の2つのバランスが取れていると健康でいられるそうです。しかし、スマホが流通することであらゆる情報を簡単に取り入れられるようになり「脳に情報を入れる」ことだけが進み過ぎてしまっているのだとか。

例えば動画を見る、ネットサーフィンやネットゲームをするなど、取り入れることだけに集中していると、必要な情報を取り出すことができず、なかなか思い出すことができなくなるのです。このアウトプットができない状態は脳に不健康だと言います。脳がオーバーフローして過労状態になり、物忘れが激しくなるほか、感情がコントロールできない、自分らしさを保てないといった症状も発症。これはうつ病の症状と似ており、続けば本当にうつ病になってしまうことも考えられるようです。また、若いときにスマホ認知症になると、歳を重ねてから本当の認知症になる危険性が高まり危険だといわれています。

エビデンスは存在しない

「スマホ認知症」がテレビで放送されてから、医療分野でも注目を集めていますが、そのエビデンス(証拠・根拠)は今のところ存在していません。医療ジャーナリストの市川衛によると、「エビデンスのない内容を断定的に伝えている」「認知症とうつ病を混合している」などと言及。現代社会では仕事や日常生活において、多くのストレスを感じている方が多いため、一概にスマホが原因で物忘れが激しくなっているとは断定できない状況です。

また、偶然特定のクリニックだけで起きた現象である可能性も考えられるでしょう。しかし、スマホ依存の若年層が増えているのは事実で、それが脳の過労や疲労に繋がっている可能性は十分にあり得ること。毎日十何時間とスマホを使用している方は、たまには「ぼーっ」と何もしない時間をつくり、脳を休ませてあげることも必要ではないでしょうか。