プラズマローゲンのこれまでの研究や効果について調査しました。

BACK TO TOP
TOPへ_sp
プラズマローゲン徹底解説 » 気になる認知症最新ニュース » 糖尿病と認知症の持つ関係性

糖尿病と認知症の持つ関係性

全国で950万人の患者数をもつ糖尿病と462万人の患者数をもつ認知症、この2つの病気をもつ患者の間には「危険な関係」があることが分かってきたという発表が第59回日本糖尿病学会年次学術集会で報告されました。

糖尿病と糖尿病は影響し合う

糖尿病の人は認知症になりやすく、認知症の人は糖尿病になりやすい傾向がある2つの病気。合併症を起こしやすくなることで、命の危険が高まります。早い段階からの健康管理が重要ということも、わかりました。

糖尿病のある人は糖尿病でない人に比べて、アルツハイマー病や血管性認知症(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などが原因で起こる認知症)の発症リスクが、2〜4倍にも上昇することが判明。糖尿病の人は高血糖と低血糖を防ぎつつ、認知症を予防する対策が重要になります。

アルツハイマー病認知症とインスリン

アルツハイマー病認知症は、アミロイドβというタンパク質が脳に蓄積されていき、神経細胞の量の減少が起こり脳の萎縮が同時進行することで、脳の神経細胞が減少してしまう病気です。一昔前までは、アルツハイマー病認知症の詳しい原因は解明されていませんでした。たくさんの研究が行われた結果、脳細胞が減少してしまう原因について現在多くのことが分かるようになってきています。

アルツハイマー病認知症の患者の脳には、老人斑と呼ばれているシミのようなものがたくさん見え、この老人斑にはアミロイドβというタンパク質が溜まっていることがわかりました。このアミロイドβが増えることにより脳の神経細胞が減ってしまうことが明らかになったのです。

また、アルツハイマー病認知症はインスリンが深く関わっていることも明らかになっています。インスリンとはすい臓から出される体内で生成されるホルモンのこと。脳へエネルギーである糖を運んでいる細胞へ働きかける役割を持っています。また、体の中で唯一血糖値を下げる働きを持つホルモン。食事によって血糖値が上昇するとすい臓がこのサインをキャッチして、すぐにインスリンが分泌される仕組みです。インスリンが不足することで脳に糖分がいきわたらなくなり、認知症が進んでいると言われているのです。

糖尿病になると認知症の進行を早めてしまう

脳と糖の関係

脳にとって糖分は重要な成分です。脳の神経細胞の主なエネルギー源となっているのが糖分で、脳内の油脂などはほぼ使われません。脳の神経細胞は常に糖分を取り込まなければ働かないようになっています。

糖分の取り込みは、脳の神経細胞を囲んで機能を支えているグリア細胞と呼ばれる物質が行っていて、このグリア細胞が血液中の糖分を取り込み、その糖分を脳の神経細胞に渡すという重要な役割を果たしています。脳の神経細胞は受け取った糖分をエネルギーに変えることにより動きます。

脳の栄養不足を引き起こす血糖値の低下

糖尿病の人は糖分により急激に血糖値が上がるとインスリンを投与して血糖値を下げなくてはいけません。脳は糖分という成分がないと働かず、血糖値が急激に下がるということはグリア細胞が脳の神経細胞に糖分という栄養を渡せないことになります。このことで脳の動きが悪くなってしまうのです。

つまり血糖値が通常より高い糖尿病の人は、脳の神経細胞が障害を受けやすく認知症の進行が進みやすい状態にあると言えます。糖尿病を発症すると、脳の動脈硬化を引き起こす恐れも出てきます。動脈硬化が進むと、脳梗塞の発症リスクが高くなり脳梗塞や脳出血、くも膜下出血が原因となり発症する血管性認知症にもなりやすくなるので注意しましょう。そのような悪循環によって、とても危険な状態を招く恐れがあることを忘れないでください。糖尿病はもちろん、認知症の予防を日頃から意識することが大切です。