プラズマローゲンのこれまでの研究や効果について調査しました。

BACK TO TOP
TOPへ_sp
プラズマローゲン徹底解説 » これまでに解明されたプラズマローゲンの効果!! » プラズマローゲンにも含まれるDHA・EPAについておさらい

プラズマローゲンにも含まれる
DHA・EPAについておさらい

DHAは脳や網膜などの神経系に豊富に含まれている栄養素。そのためDHAを摂取すると「頭の回転が速くなるのでは?」と注目を集めている成分です。

EPAは血液の状態を健康に保ってくれる成分。それによって血栓もできずらくなり、これらが原因で起こる認知症や動脈硬化といった神経系の病気を予防してくれるという研究が長年続いています。

ここのページではそんな頻繁に耳にすることが増えた「DHA」「EPA」についてまとめてみました。あまり違いを理解できていないという人はぜひ読んでみてください。

DHAの働き

血液をサラサラにしてくれる

DHAには血管に溜まってしまった余分なコレステロールを除去し、血管を柔軟な状態に保ってくれる働きがあります。また血液中の赤血球を柔らかくしてくれる効果もあり血液を流れやすくしてくれるのです。これらのポイントを踏まえると動脈硬化や高血圧の予防、さらにこれらが原因で起こる脳梗塞や認知症などの病気を防ぐ効果が期待できます。

脳機能を向上させる

記憶をとどめておく大脳の一部である海馬に多く含まれているDHAには脳を活性化し、記憶力・学習能力を向上させる効果があります。また、神経細胞の働きをサポートしてくれる働きも期待されていることから認知症やアルツハイマーといった症状の改善にも効果的だとされているのです。

免疫機能を調節してくれる

DHAはオメガ3脂肪に対して免疫機能を調節し、体内での余計な炎症を抑えてくれます。そのため、炎症反応が過剰になった場合に起きるアトピーやアレルギー、花粉症なども予防してくれる働きもあり摂取してて損はない成分だと言えるでしょう。

プラズマローゲンの代表的な原料として、ホタテ、ホヤ、鶏肉があります。中でも、「DHA」、「EPA」などの不飽和脂肪酸を多く含んでいるのが、 ホタテとホヤになり、脳機能の向上に良いとされるDHAを特に多く含んでいるのがホタテ由来のプラズマローゲンです。

DHAを多く含むホタテプラズマローゲンについて詳しく

EPAの働き

血液の循環を良くしてくれる

血中の中性脂肪濃度や悪玉コレステロール濃度が高くなったり血糖値が上昇したりすると血液は粘性を増加させてしまいます。しかしEPAは血小板凝集抑制作用により血栓をつくらないことで血流を改善してくれるのです。血流を良くすることで自然と善玉コレステロールが増加し、動脈硬化を予防することも可能。

アレルギー作用

EPAは炎症やアレルギーの原因となる「プロスタグランジン」という物質を減少させる働きがあります。そのためアレルギーやアトピーのときには摂食的に摂取しておきたい成分の1つです。

抗炎症効果

EPAには体内で生じる様々な炎症や過剰な免疫反応を抑える働きがあります。そのため運動後の筋肉痛や、関節リウマチなど免疫疾患の症状を和らげるのにもピッタリの成分。アメリカやカナダでは手術後の回復をサポートするためにEPAの摂取をすすめられるほどの効果を持っているのも特徴の1つだと言えるでしょう。