プラズマローゲンのこれまでの研究や効果について調査しました。

BACK TO TOP
TOPへ_sp

脳血管性認知症

脳血管性認知症の症状

脳血管性認知症とは、脳梗塞やくも膜下出血等、脳の血管の病気が原因で発症するタイプの認知症。脳の血管が詰まったり破れたりすることで、脳の一部に血液が送られなくなり、その結果、一部の脳細胞が死滅して認知症を発症します。失われた脳細胞の場所によっては、認知症状だけではなく、歩行障害や嚥下障害など、さまざまな症状を呈します。

なお、脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症を併発したタイプの症状を「混合型認知症」と言います。

脳血管性障害の患者に見られる主な症状

周囲から見れば、概ねアルツハイマー型認知症と似たような症状に見えます。ただし、アルツハイマー型認知症が脳の認知機能全般に影響を及ぼす症状であることに対し、脳血管性認知症は、脳細胞が失われた場所の認知機能のみに影響を及ぼすことが特徴。主に見られる症状には、たとえば次のようなものがあります。

まだら認知症

できること、できないことが明確に分かれて発症する認知症のことを、まだら認知症と言います。脳梗塞やくも膜下出血によって脳細胞が死滅した場所の脳機能が失われるものの、脳細胞に影響のなかった場所の脳機能は正常なため、まだら認知症が生じます。

たとえば「記憶力が著しく低下したにも関わらず、日常生活の判断力は正常」などです。

感情失禁

自分の感情をコントロールできなくなる症状のことを、感情失禁と言います。「すぐに怒る」「すぐに泣く」「怒り始めたら止まらない」「理由なく感情的になる」などの症状です。

感情失禁

自分の感情をコントロールできなくなる症状のことを、感情失禁と言います。「すぐに怒る」「すぐに泣く」「怒り始めたら止まらない」「理由なく感情的になる」などの症状です。

なお、認知症状とは異なりますが、脳細胞が死滅した場所に応じて、さまざまな身体症状を発症することもあります。歩行障害や発話障害、嚥下障害などです。

脳血管性認知症の原因

上述のとおり、脳血管性認知症の原因は、脳梗塞やくも膜下出血等による一部の脳細胞の死滅です。脳細胞が死滅した場所に応じ、患者によりさまざまな症状を発症します。

脳細胞が生きていくためには、脳細胞へ酸素と栄養素を常時届ける必要があります。脳細胞に酸素と栄養素を届ける主要な役割を担っているのが、血液。よって、脳梗塞(脳の血管が詰まってしまう症状)やくも膜下出血(脳の血管が破裂してしまう症状)が生じると、患部より先には血液が届けられなくなります。結果、脳細胞が死滅して脳血管性認知症にいたります。

なお、たとえ脳梗塞やくも膜下出血等を発症しても、脳細胞の死滅した場所が認知機能に影響のないところであれば、認知症を伴いません。

脳血管性認知症の治療法

現代医学には、一度死滅した脳細胞を蘇らせる知識・技術がありません。よって現状、脳血管性認知症を根治させる方法はないと考えてください。

一方で、リハビリを続けることにより、死滅した脳細胞の代わりに別の脳細胞が働き始める、という現象が見られます。よって、リハビリを継続することで認知症の症状が緩和する可能性はあるでしょう。

リハビリは、主治医の指示のもと、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が行います。

また、脳血管性障害は再発しやすい病気です。再発の都度、認知症状は悪化していくため、リハビリと並行して再発予防のための治療も受ける必要があります。

具体的には、血液の流れを良くする薬や、高血圧を抑える薬などを服用します。患者の体調に応じ、主治医が適切な薬を処方します。

参考サイト・参考文献

「認知症の9大法則 50症状と対応策」法研p.169より

脳血管性認知症の原因は、脳出血、脳梗塞など脳卒中により、神経細胞が死滅する。好発年齢・性別は、60~70歳代の男性に多い。進行の特徴は、脳卒中の発作を起こすたびに急激に進行する。症状の特徴は、脳の障害を受けた部分の働きは悪く案るが、正常な部分もあるため症状はまだらんびあらわれる。麻痺を伴うことも多い。対処・治療法は、血液をとかす、脳の血管を広げるなど、脳卒中の治療とリハビリを行う。

著者:杉山孝博・川崎幸クリニック院長