プラズマローゲンのこれまでの研究や効果について調査しました。

BACK TO TOP
TOPへ_sp
プラズマローゲン徹底解説 » 認知症の基礎知識 » 高齢者だけではない認知症

高齢者だけではない認知症

若年性認知症とは?

認知症は高齢者だけがなる病気ではなく、若い世代でも発症することが最近明らかになっています。規定として65歳未満の人は発症する認知症を「若年性認知症」と診断しているようです。

物忘れが頻繁にあったり、仕事や生活に支障をきたすような出来事があったりしても多くの若い人は「認知症は高齢者がなる病気だから」と認知症を疑いません。また病院で診察を受けても、うつ病や更年期障害などと誤診されてしまうケースもあり、若年性認知症と診断されるまでに時間が掛かってしまうことが多くあるようです。

若年性認知症の原因

若年性認知症の原因疾患は「脳血管性認知症」「アルツハイマー」「全島側頭葉変性症」など複数の種類があります。

そのなかでも最も多いとされているのが生活習慣病である「脳血管性認知症」。生活習慣が乱れていると脳への血液循環が上手くいかず、脳の神経細胞や組織に影響を及ぼしてしまいます。結果、認知機能に障害をきたしてしまうようです。進行状況によっては脳血管障害により体に麻痺が残ったり、言葉が出てこなくなったりしまうことも。生活習慣の見直しをすることが重要になってきます。

次に多いとされる原因は脳神経細胞が減っていくことで発症してしまう「アルツハイマー病」。初期症状としては「少し前の記憶がなくなり繰り返し質問をしてしまう」「約束を忘れてしまう」などです。高齢者のアルツハイマー病と比べると進行速度が速いため、治療せず放置し続けてしまうと道を忘れてしまったり、家族の顔を忘れてしまうようになったりとかなり重たい症状になるケースもあるようです。

「ちょっと最近の自分おかしいかも」と異変を感じたらすぐに診断を受けて、早い段階で対策をするのが若年性認知症では大切なポイントになってきます。

若年性認知症の症状

若年性認知症は仕事で多忙な人がかかるケースが多いため、ちょっとした忘れ物でも「歳のせいかも」「疲れて余裕がないだけ」と見過ごしてしまうことが多くあります。しかし、若年性認知症は高齢者の認知症と比べてもスピードがあるため早期発見が重要。ここでは若年性認知症の症状をピックアップしているので、心当たりがないか確認して下さい。

本人が感じること
  • いままでの仕事が倍の時間かかるようになってきた
  • 自分がいままでとってきた行動が分からなくなる
  • 火をつけっぱなしにして鍋を焦がしたことが数回ある
  • 頻繁に道に迷う
  • 人の話が理解できず話をくみ取るのが難しくなった
  • 財布や鍵をどこに置いたか分からなくなるときがある
家族・周囲が感じること
  • いつもやっていることで抜けている部分が多く目が離せなくなった
  • 短期間に何度も同じ質問してくるようになった
  • 在庫があるのを忘れて購入して同じ品物で一杯になっている
  • 頑固な性格から更に怒りっぽくなった

以上のように様々な症状があります。若年性認知症の患者自身も記憶が抜け落ちてしまい、なかなか自覚しにくいもの。家族や周囲の人のちょっとした気づきが手掛かりになるので、少しでも異変を感じたら病院へ行き相談しましょう。

若年性認知症を予防する

若年性認知症、認知症のどちらも未だに完全に防ぐことや完治するのが難しい病気です。

しかし若年性認知症で多いとされている「脳血管性認知症」は睡眠不足や飲酒などといった生活習慣病が原因で発症してしまうので、生活習慣を改善すると間接的に予防が可能です。また、生活習慣病のなかでも食生活の改善は欠かせないポイント。食生活が多様化してしまっている現代だからこそ、改めて見直す必要があります。

最近ではホタテや鶏胸肉に含まれている「プラズマローゲン」という成分が、認知症予防の改善に効果があると期待されています。現在ではプラズマローゲンが含有されたサプリも開発されているのでチェックしてみるといいでしょう。

プラズマローゲンについて
詳しく