プラズマローゲンのこれまでの研究や効果について調査しました。

BACK TO TOP
TOPへ_sp
プラズマローゲン徹底解説 » 認知症の基礎知識 » 病院に行く前に知っておきたいこと

病院に行く前に知っておきたいこと

何科を受診すればいいの?

家族の認知症を疑ったときに受診する診療科目といえば、「物忘れ外来」「精神科」「神経科」「神経内科」「老年病内科」「老年内科」など。病院によって異なりますが、認知症だけに限らず身体部分も含めた総合科と一緒のところもあるので、まずは受付で「どこの診療科目を利用したほうがベストなのか」相談してみるといいでしょう。

また、日本認知症学会が運営しているサイトでは県ごとに認定医を取得している医師を検索できるので、県内で探したい方は利用してみるのも1つの手です。

そのほか家族が疑問を強く感じやすいのが「医師への症状の伝え方」でしょう。医師は認知症患者の症状を診るとき、以下のような質問をしてきます。

  • 現在問題となっていること
  • 認知症かもって思ってしまう症状とは?
  • これまでの思い出
  • 育ってきた場所
  • 病院までどういった方法で来たのか

付き添いの人はそれが当たっているのかを調べておく必要があります。病院を利用する前はどういった行動をしていたのかしっかりとチェックしておきましょう。

受診を拒まれたら?

認知症の人は自分は何をしていたのかを忘れてしまい、「私はおかしくない」「病院へ行きたくない」「周りにバカにされるから嫌だ」と病院へ行くことを拒んでしまうケースがまれにあります。

そんなときに無理矢理、病院へ連れて行こうとするものなら人が信用できなくなり、自分を守るために家族や医師、看護師などを攻撃しまうこともあるようです。そういったことは家族としても避けたいところだと思います。

相手の気持ちを理解して向き合う

不信感を抱かせることなく病院へ受診してもらう1つの方法は「現状をしっかりと説明すること」です。今までの物忘れの例を挙げて「周りも対応に困っていたんだよ」ということを教えてあげてください。

そして、「早い段階で診療しれば治る可能性もあるんだよ」ということを話してあげましょう。きっと物忘れがひどい高齢者はどこかで「なんかおかしい」と気づいて不安になってしまっています。そこで認知症の疑いがある人の気持ちを理解したうえで「私たちも心配しているから診てもらいましょう」と相談をしてみるといいでしょう。

認知症の診断方法

認知症の検査方法は基本的に医師からの診断です。そのほかにも記憶や認知機能の程度を確認する方法、脳の状態を診る画像検査を行うなど、病院によって行う検査は様々です。

医師が認知症と診断するには普段の様子を知っている家族の話が重要。付き添う家族は私生活にどういった支障をきたしているのかをあらかじめまとめておくとスムーズに診療が進みます。これらの情報は認知症の原因や進行を判断するときの参考になるので、ぜひ細かくメモをしておくようにしましょう。