プラズマローゲンのこれまでの研究や効果について調査しました。

BACK TO TOP
TOPへ_sp
プラズマローゲン徹底解説 » 認知症の基礎知識

認知症の基礎知識

認知症と物忘れの違いなどについて解説します。

認知症と物忘れは違う

歳を重ねると誰でも、ぱっと人の名前が出てこなかったり、鍵をどこに置いたのか忘れて探したりします。このような、ちょっとした「もの忘れ」は老化が原因です。しかし、認知症は「老化によるもの忘れ」とは異なります。認知症は、脳の神経細胞が、何らかの原因によって死んでしまったことで働きが悪くなる症状をいいます。

人間の活動を制御する脳が上手く働かなくなってしまうと精神的な活動だけでなく身体的な活動も上手くできなくなってしまいます。認知症は脳細胞が死滅したり、正常に機能しなくなったことで障害がおこり、様々な支障がでている状態のことです。

認知症というのは病名ではなく症候群であり、医学的には原因がはっきりしていないために診断が決められない状態のことをいいます。そのため症状を軽くする対症療法が治療の中心となっています。 (かつては認知症は痴呆症といわれていましたが差別的なニュアンスがあるため、2004年の厚生労働省による公募に基づいて認知症に統一されました)

加齢が原因の物忘れと認知症が原因の物忘れ

物忘れには加齢が原因のものと認知症が原因のものがあります。加齢が原因の場合は脳が生理的に老化することが原因で起き、一部分を忘れてしまっても何かきっかけやヒントがあれば思い出すことができ、本人に自覚があり、日常生活に支障はなく進行することもありません。

認知症が原因の場合は脳の神経細胞が壊れることによって起こるので物事の全体を忘れてしまい、きっかけやヒントで思い出すことができません。本人には自覚はなく、日常生活に支障をきたし、症状は進行します。

加齢が原因の物忘れ

加齢による物忘れの例としては、「印鑑をしまった場所を忘れる」「待ち合わせの時間を忘れる」「友達の名前を忘れる」などがあります。記憶のステップには

  1. 情報を学習して覚える
  2. 情報を記憶して保持する
  3. 情報を思い出す

という3ステップがありますが、加齢が原因の物忘れは『3.情報を思い出す』という能力が落ちてしまっているので、思い出すのに時間がかかってしまうのです。

認知症が原因の物忘れ

認知症が原因の物忘れは「印鑑をしまったこと」や「約束をしていたこと」自体を覚えていないことで、記憶のステップの『1.情報を学習して覚える』ということができなくなってしまった状態です。『3.情報を思い出す』という能力はあるので、昔のことを思い出すことはできます。

これって認知症?

人の名前がなかなか思い出せない、何度も同じことを言う、いつもと違うことを言う、以前と人柄が変わったなど、何だかおかしいと感じたら認知症の初期症状かもしれません。

認知症の原因と種類

認知症にはいくつかの種類がありますが、アルツハイマー型やレビー小体型などのような認知症は、蛋白質アミロイドβの産生と蓄積により脳細胞が死滅して障害が起こることが原因とされています。

認知症治療薬について

現在、まだ認知症を完治させるための薬はなく、進行を遅らせるための薬となります。治療薬にはアリセプト(ドネペジル)、メマリー(メマンチン)、レミニール(ガランタミン)などがあります。

認知症予防

認知症予防に大切なのは、軽度認知障害のうちに認知機能が低下していることに気づくことですが、認知症を予防するにはいくつかの方法があります。

家族が認知症になってしまったら

家族が認知症と診断された場合にやっておくべきポイントを紹介していきます。

病院に行く前に知っておきたいこと

認知症を疑った場合、何科を受診すれば良いのでしょうか。また、病院へ行く際には、本人にどのように伝えるべきかを考えてみましょう。

アルツハイマー型の原因は脳内炎症?

アルツハイマー型認知症の原因の1つとして、脳内炎症が、原因の1つではないかと考えられています。 脳内炎症とはいったいどういう症状なのでしょうか。詳しく解説していきます。

記憶の仕組みと認知症

認知症になってしまったらすべての記憶が失われてしまうのでしょうか。記憶のメカニズムと認知症との関係について解説します。

高齢者だけではない認知症

高齢者だけではなく、若い世代でも発症する可能性のある認知症について、主な原因と症状を紹介しています。

脳血管性認知症

脳血管性認知症の症状や原因、治療法を詳しく解説。動脈硬化や高血圧など、生活習慣病を指摘されている方は要注意です。

前頭側頭型認知症

認知症の中で唯一難病に指定されている前頭側頭型認知症。発症の原因には脳の神経細胞における異常なたんぱく質が絡んでいると指摘されているものの、現状、なぜこの異常なたんぱく質が生じるのかについて、現代医学では解明されていません。

レビー小体型認知症

日本では三大認知症の一つとして数えられているレビー小体型認知症。幻覚やパーキンソン症状などを特徴とする認知症です。

正常圧水頭症

ここでは、高齢者に見られることがある正常圧水頭症について、症状や原因、治療法などを詳しく解説します。

まだら認知症

「できる時もあるし、できない時もある」「できる事もあるし、できない事もある」など、認知能力がまだらに生じる認知症を総称して、まだら認知症と言います。

行動・心理症状(BPSD)

記憶障害や判断力低下など、認知症を直接的な原因とする症状のことを中核症状と言います。それに対し、徘徊や暴言など、中核症状から派生的に生じる症状のことを、周辺症状(BPSD)と言います。

意味性認知症

意味性認知症の症状や意味性認知症になる原因、その治療法をまとめました。このページでは意味性認知症がどのような病気なのかご紹介していきます。

進行性非流暢性失語

進行性非流暢性失語とはどのようなものなのか。また、どのような症状が現れるのかについてまとめました。進行性非流暢性失語のことが気になるという方は、ぜひチェックしてみてください。

失語障害

失語障害とは、言葉そのものの意味を理解出来なくなってしまったり、コミュニケーションが上手く出来なくなってしまったりするような症状が現れます。気になる方はチェックしてみてくださいね。

失行障害

この病気は、身体に異常は無くとも動作ができなくなってしまう、という症状が現れます。気になるという方は、参考にしてみてくださいね。

失認障害

失認とは通常の五感には異常が無いのに、その情報を認知できないという障害です。認知症について気になるという方はぜひチェックしてみてください。