プラズマローゲンのこれまでの研究や効果について調査しました。

BACK TO TOP
TOPへ_sp
プラズマローゲン徹底解説 » プラズマローゲンサプリ配合成分 » プラズマローゲンサプリに含まれるγ-シクロデキストリンとは?

プラズマローゲンサプリに含まれるγ-シクロデキストリンとは?

プラズマローゲンのサプリなどに含まれる成分の一つ「γ-シクロデキストリン」について詳しく解説します。

γ-シクロデキストリンとは

シクロデキストリンとは

シクロデキストリンとは、「シクロ」と「デキストリン」という2つの言葉の組み合わせ。「シクロ」は「サイクロ」とも言い、輪のことを意味しています。「デキストリン」とはオリゴ糖のことです。つまり、輪の形をしたオリゴ糖のことを、シクロデキストリンと言います。

輪の形をしているとは言っても、オリゴ糖そのものが輪の形をしているわけではありません。複数のオリゴ糖が輪の形を描いて連結している、という意味です。 6つのシクロデキストリンが連結して輪の形になったものを「α-シクロデキストリン」、7つの連結のものを「β-シクロデキストリン」、8つのものを「γ-シクロデキストリン」と言います。

なお、健康食品などの成分表に「環状オリゴ糖」という名前を見つけることがありますが、この「環状オリゴ糖」は、シクロデキストリンと同じものです。

3種類のクロデキストリンの共通点

構造上の共通点

3つのシクロデキストリン、いずれもフタと底のないカップのような構造をしています。筒状と言っても良いでしょう。

性質上の共通点

いずれのシクロデキストリンも、カップの外側は水に溶けやすい性質、カップの内側は油になじみやすい性質を持ちます。

働きの共通点

いずれのシクロデキストリンも、カップの内側に別の分子を内包する働きがあります。カップの内側に内包される分子を「ゲスト」と言い、シクロデキストリンのカップ自体を「ホスト」と言います。

なお、これら性質をより詳細に分析すると、βよりもαやγのほうが水に溶けやすい点、γがもっとも消化されやすい点など、それぞれに異なる特徴が確認できます。 水への溶けやすさと消化性の良さの点では、γ-シクロデキストリンがもっともすぐれた性質を持つとされています。

シクロデキストリンの原料

シクロデキストリンの原料は、主に馬鈴薯やトウモロコシの「でんぷん」。100%天然素材です。 もともとシクロデキストリンは非常に高価な素材でしたが、近年、ドイツのワッカーケミー社が、シクロデキストリンを大量生産できる技術を開発。これをきっかけに、シクロデキストリンの市場が世界中に拡大するようになりました。

シクロデキストリンの性質・特徴

シクロデキストリンには、さまざまな性質・特徴があります。それらの中でも代表的なものをご紹介します。

包接(ほうせつ)

先に説明したとおり、シクロデキストリンには、自身のカップの中に別の分子(ゲスト)を内包する性質があります。この性質のことを、包接と言います。

除放(じょほう)

カップの中に迎えられた分子(ゲスト)は、カップの中で固定されるわけではありません。逆に、カップから一気に流出するわけでもありません。条件に応じて、カップの中から少しずつ外に出ていきます。この性質のことを、除放と言います。

ゲストの性質の安定化

包接された分子(ゲスト)は、シクロデキストリンによって、熱や紫外線などの外部環境からガードされます。そのため分子(ゲスト)が変質しにくくなり、その性質が安定的となります。

生物学的利用能(バイオアベイラビリティ)の向上

包接された分子(ゲスト)が、シクロデキストリンの小さなカップの中に収まることで、分子(ゲスト)に働くさまざまな分子間力を遮断。これにより、分子(ゲスト)本来の性質が維持されたまま、体内へと効率的に吸収されます。これを生物学的利用能(バイオアベイラビリティ)の向上と言います。

マスキング

シクロデキストリンは、分子(ゲスト)が持つ嫌な臭い、苦味成分なども一緒に包接します。よって、人がこれを口にしたとき、臭いや苦味などが軽減される状態となります。この働きをマスキングと言います。

他にも、シクロデキストリンには粘度調整、吸湿性防止、粉末化、可溶化・分散化など、さまざまな性質・特徴があることが分かっています。 。

γ-シクロデキストリンの用途

現在、α、β、γ、いずれのシクロデキストリンも、それぞれの特徴に応じて医薬品、食品、飲料、化粧品、家庭用品などの幅広い分野で活用されています。

香料、コーヒー、お茶など

シクロでキスリンの除放作用により、香料の匂いやコーヒーの風味が長持ちします。

ワサビ、カラシ、ショウガなど

シクロデキストリンの安定化作用により、長期間、ワサビやカラシを変質から守ります。

酢,漢方薬など

シクロデキストリンのマスキング作用により、酢や漢方薬などが持つ独特の臭いを和らげます。

サプリメントなど

シクロデキストリンの包接による除放作用や安定化作用、生物学的利用能など、あらゆる作用がサプリメントの品質維持・向上に活用されています。水溶性と消化性の高いγ-シクロデキストリンが多く選ばれています。

参考サイト・参考文献

「機能性食品・化粧品分野におけるγ-シクロデキストリンによるナノテク革命」応用糖質科学 第 3 巻 第 2 号 (2013)
「機能性食品・化粧品分野におけるγ-シクロデキストリンによるナノテク革命」応用糖質科学 第 3 巻 第 2 号 (2013)
株式会社シクロケム「シクロデキストリン(環状オリゴ糖)ってなに?」
株式会社シクロケム「シクロデキストリン(環状オリゴ糖)ってなに?」
株式会社シクロケム「シクロケム関連の新聞記事(2005年)」
株式会社シクロケム「シクロケム関連の新聞記事(2005年)」
株式会社シクロケム「シクロデキストリンの働き」
株式会社シクロケム「シクロデキストリンの働き」
株式会社シクロケム「シクロデキストリンとは?:応用編」
株式会社シクロケム「シクロデキストリンとは?:応用編」
日本食品化工株式会社「シクロデキストリンって何??」
日本食品化工株式会社「シクロデキストリンって何??」