プラズマローゲンのこれまでの研究や効果について調査しました。

BACK TO TOP
TOPへ_sp
プラズマローゲン徹底解説 » 脳疲労の基礎知識 » 脳疲労を改善するための睡眠

脳疲労を改善するための睡眠

脳疲労を解消するためには、睡眠が重要だとされています。では、脳疲労と睡眠にどのような関係があるのかを調べていきましょう。

脳疲労とは

脳疲労とは、その名の通り、脳が疲労している状態のことを言います。筋肉を使いすぎてしまうと筋肉疲労を起こしてしまうのと同様に、脳も酷使しすぎてしまうと正常に機能しなくなってしまうのです。脳疲労の状態が続いてしまうと認知症の原因となる恐れがあります。

脳疲労と緊張状態の関係について

次に、脳疲労と緊張状態がどのような関係にあるのかを見ていきます。

リラックスできずに緊張状態が続いてしまうと、脳は休むことができずに疲労がたまってしまいます。例えば、仕事で重要なプレゼンなどが控えている場合、仕事を終えて自宅に帰っても「プレゼンはうまくいくだろうか」「もう少し分かりやすく説明する方法はないだろうか」などと知らず知らずのうちに考えてしまいます。これが緊張状態です。中でも、多忙なビジネスウーマンにこの症状が出ることが多く見受けられるようです。

緊張状態からくる脳疲労と睡眠の関係について

緊張状態が続いていると、常に交感神経が高ぶってしまい、プライベートでもリラックスできない、夜間や睡眠時になっても目がさえて眠れない、ストレスの原因であることを思い出してしまい夜中に何度も目が覚めるなどの症状につながってしまいます。さらに症状が悪化すると、不眠症や睡眠障害などを発症してしまうほか、うつ病などの精神疾患につながる危険性もあるので注意が必要です。

脳疲労を回復する唯一の方法が睡眠。睡眠でしか脳の疲労を回復することはできないのです。つまり、どうすれば睡眠をしっかりとることができるのかを考えることが重要となります。では、どのようにすれば緊張状態を解消することができるのでしょうか。

交感神経と睡眠の関係について

質の良い睡眠をしっかりとるためには、交感神経の分担を減らすことを心がけることが重要です。

自律神経には、交感神経と副交感神経とがあります。日中は、交感神経の働きが優位になり、心拍数を増やしたり、血圧を高くしたり、血管を収縮させるなど、体全体を活動する態勢に移行。一方、夜間や睡眠中は、副交感神経の働きが活発になり、心拍数が下がり、血圧を抑え、血管を拡張させて体をリラックスモードへと切り替えます。

強いストレスで緊張状態が続いていると、夜間や睡眠時であるにもかかわらず、交感神経が優位なままとなり、リラックスできなかったり、なかなか寝付けなかったり、寝てもすぐに目が覚めてしまうなどの症状が出てしまうのです。そうならないためにも、寝具や照明などを工夫して、睡眠しやすい環境をつくることも重要になります。中には、寝る直前までスマートフォンを触っているという人もいるのではないでしょうか?このような行動は、交感神経が優位になりやすくなるのでNGです。ベッドに入ったら、なるべく副交感神経が優位になるように交感神経の分担を減らすことをこころがけるようにしましょう。

また、質の良い睡眠をとるための方法として、「深呼吸瞑想」をするのもおすすめ。深呼吸瞑想とは、自分に今、起きていることに意識を向ける瞑想「マインドフルネス瞑想」の1つです。立つまたは座った状態で腹に手を置き、深呼吸をしながら瞑想することで、感覚が研ぎ澄まされて、過去や未来ではなく、今に集中することができ、ストレスの軽減効果が見込まれるとのこと。睡眠の前などに深呼吸瞑想をすることで交感神経の分担が少なくなり、質の良い睡眠をとりやすくなることが期待できます。

まとめ

脳疲労を回復するためには、とにかく質の良い睡眠をとることが重要です。そのためには、睡眠しやすい環境を作ってあげることが一番。ここで紹介した方法以外にも、自分がリラックスすることができることがあれば試してみるのも良いかもしれません。おいしいものを食べたり、好きな趣味に没頭したり色々あると思います。このようにして、出来るだけ緊張から解放してあげるようにしましょう。